MENU

ラ王のカップ麺が売ってないのは販売終了?買える場所を調査

当ページのリンクには広告が含まれています。
ラ王のカップ麺が売ってないのは販売終了?

カップ麺とは思えない生麺と濃厚なスープが人気のラ王。昔は高級なイメージがありましたが最近ではどの袋めんもカップめんも同じくらいの値段設定になってきましたよね。

今回は、ラ王のカップ麺が売ってないのは販売終了?という噂の理由を調べてみました!

さらに、今ラ王のカップめんが買える場所も調査!

\ オンラインではまだまだ買えます/

目次

ラ王のカップ麵が売ってない理由を調査

探せばスーパーにもラ王は売ってるんです。

これは、ラ王がおいしいことが理由。

ちょっと贅沢を自宅や職場でかなえてくれるラ王のカップ麺の人気が上昇しすぎて商品供給に間に合わないということなんですね。

日清のHPでは特にラ王が品薄だということもお知らせされていませんでした。

計画の量を生産されて市場には出ているけれど買う人が多すぎて供給が間に合わないということが理由のようですね!

日清食品HP

2010年に一度ラ王は生産終了していた

ラ王は2010年8月に一度生産を終了しています。

1992年9月から発売され、2010年8月まで生産された初代は一般的なカップラーメンで採用されている乾燥麺ではなく、レトルトパウチされた生タイプ麺であることが特徴の商品であった。「ラ王」は、日本で作られた長期常温保存可能な生タイプ麺のカップラーメンとして、1991年7月発売の明星食品「夜食亭・生タイプ醤油ラーメン / 味噌ラーメン」に続く商品であった。同時期に東洋水産からも生タイプ麺の製品が発売されていたが、同類の競合商品は夜食亭を含め数年で撤退している。初代は年間300億円を売上たこともあったが、社内外で高品質・高価格帯の競合商品が増加したことで競争が激化して市場占有率が年ごとに落ち込み、2010年8月2日に生産を終了した

Wikipedia

これも噂の原因の一つになったかもしれませんね。

ただ、2010年8月初旬に生産終了し、2010年8月末には第二代が登場しているんです。

なので、ラ王が生産終了したのは実質半月ほど、ということになります。

ラ王はどこで買える?スーパーを調査

実際にラ王が買えるのかスーパーを調査しました。

スーパーに売ってない、という情報がちらほら。

ツイートの時期的に寒くなり温かいものが食べたくなる季節。

それもあるのかもしれませんね。

西友

西友にはラ王が売っていますよ!

しかも西友はちょっとお安いんです。

ライフ

ライフの店舗でラ王を買ったという情報はなかったのですが、ライフのネットスーパーには在庫があります。

ライフHP

配達エリアで検索して在庫があるようなら該当するライフへ行けばお店に売っているかもしれません。

念のため、在庫確認の問い合わせをしてからでもいいですね。

ラ王はどこで買える?コンビニを調査

コンビニでもラ王を手に入れることが難しそうです!

大きな店舗だったりビジネス街にある店舗だと仕入れ数も違うかもしれません。

ファミマ

ファミマにはファミマ限定のラ王が売っていることもありますよ。

一般的な醤油味などの取り扱いはファミマの店舗によるかもしれません。

ローソン

ローソンにはラ王が売っています。

コンビニには醤油などではなく、ちょっと味の変わったラ王が置いてあることが多いかも。

セブンイレブン

セブンイレブンにもラ王は売っていました!

コンビニで買えるのもタイミングかも。

売っているのを見つけたら買っておくといいですね!

ラ王はどこで買える?楽天市場を調査

地域のご当地ラーメンがどうしても食べたいときなども楽天市場を探しますよね。

ラ王がどうしても見つからないなら楽天市場などのネットを探すのもいいですよ!

非常食にまとめがいもおすすめです。

ラ王はどこで買える?Amazonを調査

Amazonにもラ王は売っていました。

楽天市場と同じようにケース販売が多いのでまとめ買いに向いていますね!

ラ王についてよくある質問

ラ王はいつから販売されている?

1992年に発売が開始されました。

ラ王カップ麺の定価は?

2023年12月現在は307円です。

まとめ

今回は、ラ王が販売終了になったという噂を調査しました。

  • あまりに人気で品薄状態だった
  • 2010年に一度生産終了になっていた
  • スーパーやコンビニでも売っているときは売っている
  • ネットで買うのが確実

在庫仕入れのタイミングに左右されずにあるときにまとめ買いをするネットがやっぱり便利そうですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次